忍者ブログ
中古車販売業よちを日記
大きな契約の時には特に、充分な注意力を払っているでしょうがそれでもなお、事前に予測できないいざこざに遭遇してしまうケースがあるのです。
車を売るときにたまに見かけるケースとしては、もうすでに契約が終わっているのに「問題が新たに見つかった」などといわれて買取額を減額する場合があります。
売るときに事故や故障の履歴などを隠していたのならばきちんと申告しなかった自分側が責任を取る必要があるでしょう。
しかし、自分が何も悪くないときには、契約以前に査定で見落としした側が責任を取ることでしょうから、売却側には何も責任がないと言うことは了承しなくても構わないということになります。
スマホ全盛の時代を反映して、大手の中古車販売店では大衆向けの中古車査定アプリを考案してリリースしていますが、査定支援アプリの業務用バージョンもあるのです。
この本格的なアプリは、中古車査定業務歴が深くなくても査定が簡単に出来るようにするためのアプリケーションです。
このプロ向けのアプリと専用の機械を同時に使うことで、査定対象車の昔何か修理する必要に迫られたことがあったかがすぐに分かってしまうことが多いというのですから優秀なアプリですね。
中古車買取の業者が出してきた査定金額に自分が納得できなかったときに、その場で売却を断っても問題にはなりません。
複数の買取業者に査定をお願いして比べてなるべく高値で取り引きしてくれるお店を選択して売る方が良いに決まっています。
その一方で、現実的に契約を結んでからのキャンセルを行うことは不可能か、受け付けられても損害賠償がある場合が多いと思ってください。
損害賠償については契約書に詳細が明記されているはずですから、全文をしっかり熟読した上で契約するようにしてくださいね。

東芝、原発関連の損失は7125億円 債務超過の見通し
東芝は14日、昨年4~12月期決算(米国会計基準)で米原子力事業を巡って7125億円の損失を計上し、純損益が4999億円の赤字(前年同期は4794億円の赤字)になるとの見通しを発表した。昨年12月末時点の自己資本はマイナス1912億円と債務超過に陥る。半導体 (続きを読む)


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]