忍者ブログ
中古車販売業よちを日記
同時に多数の車買取会社のスタッフに出張査定予約を入れて、時を同じくして中古車を査定してもらうことを「相見積もり」といいます。
この方法を選択する利点としては、皆に価格競争をしてもらって査定額を引き上げることです。
相見積もりをあまり快く引き受けてくれない会社も中にはあるのですが、さほど相見積もりを嫌がらない業者は実際に購入しようとする意欲が高いところで、査定額が業者間でつり上がることを期待しても良いでしょう。
相見積もりは少しでも高値で査定してもらうために有効な手段です。
車の査定の仕事をする場合に絶対必要になってくる国家資格はないのですが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。
この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、この資格は小型車と大型車の2種類あるのです。
技能試験や学科試験に受かることが必須で、半年以上の実務経験もないと資格を与えられることがありませんから、この資格を持っていると言うことは、ある一定以上の経験や技能があるということの証明になると言って良いでしょう。
手間ひまかけて掃除して複数の業者に査定を頼んだにも関わらず、引き取ってもらえなかった場合、事故車やワケありの車を手がけている買取業者に査定を依頼してみるという方法もあります。
どこの査定士からもサジを投げられた車でも、専門業者なら再利用可能な部品があるかどうかを見た上で、買い取ってくれる可能性が高いです。
あとは廃車という選択肢もありますが、自分で骨折りをするのに比べたらプロに任せるほうがラクですし、なにより早いです。
こうした専門業者の売りは、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも基本的に車の引取りが無料ということが挙げられます。

【ダービー卿CT】1番人気のキャンベルジュニアは半馬身差届かず2着
5番人気のダイワメジャー産駒ロジチャリス(内田博幸騎手騎乗)が2番手から抜け出し、重賞初制覇を果たした。半馬身差の2着に1番人気のキャンベルジュニア(アンドレアシュ・シュタルケ騎手騎乗)が入り、さらに鼻差の3着は2番人気のグランシルク(戸崎圭太騎手騎乗)だった (続きを読む)


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]